« 2011年1月 | トップページ

2011年2月10日 (木)

10年後の教育システム1

技術の発達にともなって10年後にはどういった教育システムが開発されているのだろう。20年近く前の学生の時、センサを使って表情を読み取ったり、学習者の進度を測ってそれに応じた教材を提供してはどうかと提案して笑われたが、昨今の画像認識技術やログ分析技術を組み合わせればそういったことは出来そうな気がします。20年前は夢を語ったが、今や実現できる技術が出そろってきたように感じます。10年後は普及しているのでしょうか?ちなみにこのエントリのカテゴリを教育工学研究としていますが、最近(といってももう10年近くになるか)は学習工学という言葉のほうが流行っているようです。僕は言葉の定義について疎いので、しばしば研究者と呼ばれるひとの言うことが分からなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育て日記18

嫁さんによるとうちの子供は図形の記憶が苦手なようです。一方お話の記憶は、僕たちが驚くほど出来るのですが。一応あてずっぽうでないことを祈りたいとは思っています。記憶にもいろいろ種類があることがよくわかります。記憶の分類についての文献をあさりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

子育て日記17

昨年の秋ごろから「てれびくん」なる雑誌を子供に買い与えています。日曜の朝早くから連続で放送されるヒーローもののテレビを見せない代わりに活字でそれらの情報を得るようにさせる試みです。この雑誌そのテのテレビ番組やおもちゃの宣伝なのでリーズナブルな価格設定ですし、付録は結構頑張っていて、まだ子供が自分で作るには難しいので親の手間はかかりますが、喜んで遊んでいます。結局ひとつだけ番組(今は仮面ライダーです)は見せることに妥協してしまったのですが、その他の番組については保育園でもそれなりに友達の会話についていっているようで、ひとまず成功していると思っています。次はいかに次のステップである本当の読書好きにさせるかの作戦を練らなければなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

子育て日記16

子供によく無視されます。初めのうちは中耳炎と診断されて通院し始めた頃と重なったこともあり、聴力に支障があるのではないかと思ったものでした。子供が絵本を読んでいる時に声を掛けることが多いので、当時は嫁さんにはそのくらい集中しているということだから、邪魔をしないようにと注意されているという感じでした。近所の耳鼻科に通院して、時々聴力検査はしていて、異常はないようなのですが。ところが最近はどうもわざと無視をしていると考えだしたらしく、無視する子供を注意するようになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ