« 子育て日記12 | トップページ | 集合知を利用した教育 »

2011年1月24日 (月)

子育て日記13

集中力の持続について.親である私達がながら族でそうした行動を子どもに見せているのが原因なのかもしれません.家に居る時はずっとテレビのスイッチが入っているとか,こうしてBlogエントリを作成している時もPodcastで何か聞いているとか.僕自身最近物事をつまみ食い的に片づけることが多い気がします.今の世の中大人はそうせざるを得ないのではないでしょうか?何かの研修でインバスケットなる課題があったのを思い出します.子どもにそのような姿を見せるの悪影響を及ぼすのでしょうか.生活の中では必要に迫られている部分も含め何気なくそういった行動を子どもに見せているという意識があるわけですが,例えば幼児教室での課題や復習をしているときは,心穏やかに根気よく一緒に考えるように子どもに教えていると思うのですが.子どもが一度にインプットする情報は絞ってあげないといけないと思いつつなかなか実行できていないことに,どうしたものか思案しているわけです.

|

« 子育て日記12 | トップページ | 集合知を利用した教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育て日記13:

« 子育て日記12 | トップページ | 集合知を利用した教育 »