« 子育て日記1 | トップページ | スタメン »

2006年3月25日 (土)

beat研究成果報告会

今日は面会時間開始の12時に病院へ行き,嫁さんの様子を確認したあと,beat研究成果報告会に参加するため,東京大学へ向かいました.

DVC00001

beatではケイタイを使った教育支援システムの研究開発が進められており,さまざまな実践的プロジェクトが行われています.

今日の報告会では,ケイタイを使って科学教育を行った事例が興味深かったです.テーマとして選択されたのは「光の性質」なのですが,毎週このテーマに関する実験方法がケイタイ用のWebページに掲載されます.イラストやアニメーション,場合によっては動画を交えて詳しく実験方法が解説されたようです.

こういった学習では,実験結果を事前に予想し,実際に実験を行った結果と比較するというプロセスが大切なのだそうです.

大切なプロセスを抑えたうえで,親子のコミュニケーションを促進するという視点を加えたことに新規性を見出したとのことで,これには大変興味を惹かれました.

平日は親も仕事で忙しいでしょうから,基本的に実験は子供が主体的に行うということが想定されています.子供の学習進捗状況がメールで通知されることにより,親は子供の状況を把握して,励ましてあげたり,手の空いた時に手伝うということが出来たということでした.これには目からウロコという感じがしました.

ケイタイ普及の低年齢化傾向を考えると,こういった学習形態は効果を発揮するであろうことは想像に難くないということだと思います.果たしてケイタイリテラシが必須となる日は来るのでしょうか.

|

« 子育て日記1 | トップページ | スタメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: beat研究成果報告会:

« 子育て日記1 | トップページ | スタメン »